薬局で働くには何をすれば良いのか一発で分かる!

薬局で働くには、まず資格を取ろう!!

薬局で働くには

 

薬局の仕事は、薬剤の調剤から販売まで多岐にわたります。
薬局で働こうとお考えなら、まず資格の取得をおすすめいたします。

 

薬局で活躍できる資格は、薬剤師、調剤事務、登録販売者、医療事務などです。

薬剤師資格の受験資格は厳しく、薬局で働きたい理由で薬剤師を目指すには敷居が高くなっています。それに比べ、調剤事務と登録販売者の受験資格はそれほど厳しくないため、比較的資格取得しやすくなっています。

受験資格

薬剤師の受験資格
大学の薬剤師養成課程(6年制)を卒業後、薬剤師国家試験を受験するか、大学の薬学課程(4年制)から薬剤師受験資格を得られる大学院に進んだあと、薬剤師国家試験を受験する。

調剤事務の受験資格
特にありません。特定の講座(通信講座等)を受講し、試験。合格すると認定される。

登録販売者の受験資格
一般用医薬品(OTC)を販売する薬店での実務経験。

医療事務の受験資格
特にありません。特定の講座(通信講座等)を受講し、試験。合格すると認定される。

薬局で活躍できる資格を取得したい方へ


介護・医療・癒しの
資格取得はシカトル

近年、調剤薬局やドラッグストアの数は増えており、
それに伴い有資格者のニーズは高まっています。

 

 「長期的に活かせる資格。転職、求人に有利!」

 

調剤事務や登録販売者は、医薬分業政策により院外処方が増加したために誕生した注目の資格です。

 

詳細はこちら → 医療の資格をとるならシカトル

 

調剤薬局事務 通信講座